イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア・マルケ州のクリスマス2008

帽子の町のクリスマス

12月8日「聖母受胎の日」を迎えて、クリスマスも本番のマルケ州。各地で様々なクリスマス関連の催し物が行なわれています。例えばMercatino di Nataleメルカティーノ・ディ・ナターレ。クリスマスのデコレーションやプレゼントを買い求めることができる市です。普段お目にかかれないハンドクラフト製品や特産物などが一同に並ぶので、観光客だけでなく地元の人々にも人気があります。世界遺産の古都ウルビーノをはじめ、ファーノイエージ、オーストラ・ヴェーテレ、セニガッリアマチェラータカメリーノチンゴリ、モンテ・ウラーノ、ポルト・サン・ジョルジョサンベネデット・デル・トロントなどで開催中。

さて、帽子の町として知られるフェルモ県Montapponeモンタッポーネでは、Cappello di Nataleカッペッロ・ディ・ナターレ(クリスマスの帽子)というクリスマス市が今年初めて企画されました(12月6~8日、13~14日)。
人口1700人余りのモンタッポーネを中心に、周辺6つの町が帽子作りに従事していますが、その生産高はメイド・イン・イタリーの70%、ヨーロッパ全体では50%を占めています。

Natale montappone
モンタッポーネ、クリスマス市のポスター。

恒例の夏の帽子祭りIl Cappello di Pagliaイル・カッペッロ・ディ・パリア(麦わら帽子)でも知られるこの村では、冬もその奇抜なアイデアを駆使して大きなクリスマスツリーを帽子でデコレーションしました。クリスマス市では、最新の冬物帽子はもちろん、2009年春夏コレクションをリーズナブルに手に入れるチャンスも。又、Nonnnaノンナ(おばあちゃん)の手作りクリスマス菓子もふるまわれるそう。

ilcappellopaglia02.jpg
毎年7月に行なわれる帽子職人による展示会での作品。現代の麦わら帽子はとてもエレガント。
http://www.ilcappellodipaglia.it/pagine/cappellaioPazzoGalleria.cfmより。


マルケ州政府観光局日本語公式サイトへもご訪問ください。


【PR】

マルケ州の自由旅、オペラもグルメもアウトレットも、ディスカバリー・マルケへお気軽にご相談ください。

マルケ州のオリーブの木・オーナー募集中!詳しくはオリーヴォミオへ。

スポンサーサイト

イタリア・クリスマスケーキ

Panettoneパネットーネにご用心!?

イタリアの一般家庭でクリスマスの準備が始まるのは、12月8日「聖母受胎の日」を迎えてからのこと。今年はその翌日が土曜日だったこともあり、庭のモミの木や家のバルコニーにイルミネーションの装飾を施すお父さんの姿がたくさん見られました。近頃は屋外にBabbo Nataleバッボ・ナターレ(サンタクロース)を飾るのも人気。屋内に飾るAlbero di Nataleアルベロ・ディ・ナターレ(クリスマスツリー)やPresepioプレゼーピオを飾るのはお母さんや子供たちの担当。こうして家族総出でクリスマスの飾り付けをした後は、クリスマスプレゼントの買い物へと出かけていきます。

nataleaugri01.jpg
↑町の通りにも“Auguri”など、クリスマスへのお祝いの言葉を装飾したネオンが飾られ、ムードを高めています。

毎年、頭を悩ませるクリスマスプレゼントですが、最近は食に関する志向の高さから、オーガニックの飲食物や特産物を贈ることも多くなりました。ワイン、オリーブオイル、チーズ、プロシュット、サラミ、パスタ、ドルチェなど...イタリアのクリスマスケーキ、Panettoneパネットーネも今やナチュラル派が人気です。パネットーネはイタリアの伝統的な菓子パンのひとつ。パネットーネ種の酵母を使ってゆっくり発酵させた生地に、刻んだレーズン、オレンジピールなどのドライフルーツを混ぜ込んで焼き上げたもの。

クリスマスの時期からお正月にかけて、食後のデザートとして毎度のようにテーブルに上がります。ほんのり甘くやわらかいパネットーネ、ついつい手が伸びてしまうのですが、これが何とも高カロリー。一切れにつき約400キロカロリーもあるそうです。
家族や親戚と一緒にご馳走をいただくクリスマスの日、この日にイタリア人が食べる料理の量には目を見張りますが、昼食時だけで摂取するカロリーは3,500カロリーが平均とか。パネットーネ一切れもふた切れも、この日ばかりは大目に見ましょう。

panettone01.jpg
↑電気のオーブンではなく、焚き木を使って焼き上げたパネットーネ。かぐわしい木の香りがほんのりと...


マルケ州政府観光局日本語公式サイトはこちらから

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。