イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア・冬の恒例行事 オリーブの収穫

我が家のオリーブオイル 今年の出来は?

イタリア料理に欠かせないエクストラバージンオリーブオイル。マルケ州では自家製のオリーブオイルを使用している家庭も少なくありません。このためオリーブ収穫時期の天気予報は皆の関心が大いに集まるところ。収穫作業は家族総出の大イベントです。街のバールでも話題の中心は「今年は誰がたくさんのオリーブオイルを作ることができか」ということ...

(一家の名誉さえも左右してしまう?) オリーブの収穫は例年11月初旬頃から始まります。朝早くから日没まで、おしゃべりをしながらの収穫作業。近隣のオリーブ畑からも一日中にぎやかな声が響いています。オリーブの木の上には一家の大黒柱やそれに相当する人物が上がり、オリーブの実を下へ落としながら、さらに余分な枝を切り落としていきます。来年以降の収穫を左右する重要な作業です。上から落ちてくるオリーブを効率よく集めるために、オリーブの木の下には大きなネットが敷かれています。子供や女性たちは、木の下枝に実ったオリーブをミニ熊手のような道具を使って丁寧に収穫していきます。今年はどれだけ搾れるか、という期待をこめて。オリーブオイルの量は実の収穫量に比例しません。

olive2
↑一家総出の収穫作業

今年は予想外の降雪に見舞われ、収穫の手がにぶってしまった家庭も多いようです。現在、各地のオリーブオイルの搾油所は24時間体制で稼動中。昨年よりもオリーブの収穫量は落ちたものの、おいしさが凝縮され量も味も良好とのことです。

olive4olive5olive6
↑左:ネットに落ちたオリーブを集める、中:女性は手の届く範囲を担当、右:しぼりたてのオリーブオイル、搾油所にて

マルケ州のオリーブオイルはこちらをご参考ください。


スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。