イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア・クリスマスの過ごし方

プレゼーピオ詣(もう)で

クリスマス本番まであと少し。贈り物を交換したり、カードを送ったり、クリスマスのご馳走作りに励んだり、仕事も上の空(?) でウキウキ気分があふれてるここイタリア。でもイタリアのクリスマスは恋人同士や子供だけのものありません。イタリアのクリスマスは家族で過ごすもの、そう、日本のお正月のようです。24日は家族や親戚が集まって夕食を共にしますが、カトリック教徒の場合この日は質素に魚料理をいただくのが一般的。その後は教会のミサに出かけます。この時点ですでに日付は25日。「ブオン・ナターレ(良いクリスマスを)!」の声が響きます。

santangelo2

↑職人さんが作ったプレゼーピオ。メルカティーノ・ディ・ナターレ、クリスマスグッズの市場にて。

イタリアの各地域によって異なりますがマルケ州では25日がご馳走の日。お昼には家族、親戚と共に肉をメインとした料理を楽しみます。アンティパスト(前菜)、プリモ(パスタやスープ)は2種類、セコンド(肉料理)も2種類、ドルチェにはイタリアのクリスマスケーキ、パネットーネをスプマンテとともにいただきます。
ここまで食べたらさすがのイタリア人も“食べ過ぎたかな”と思うようで、25日の午後や翌日26日の聖ステファノの日(祝日)は少し活動的に。

プレゼーピオのイベントに行く人も多く、マルケ州のサンタンジェロ・イン・ポンターノのイベントもそのひとつ。2005年12月8日~2006年1月15日の間、イタリア中から集められた100を数えるプレゼーピオの展覧会が開催されています。街に作られたルートにしたがって歩いていくと、あちらこちらでオリジナリティーあふれたプレゼーピオを見ることができます。中には街の人々の手によって作られた作品もあり、作者自身が説明役を買って出ていることも。さて、夢中になってプレゼーピオを追っているとかなりの運動をしていることに気づきます。小さな街ですが坂道が多いのです。...この後、もう少しクリスマスのドルチェが食べれるかも...

santangelosantangelo4santangelo1

↑左:雪のサンタンジェロ・イン・ポンターノ、中:“プレゼーピオ通り”入り口、右:見ているだけで幸せな気分になるプレゼーピオ

マルケ州のクリスマス・ドルチェ

サンタンジェロ・イン・ポンターノはマチェラータ県にある街です。


スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。