イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア・マルケ州の優秀オリーブオイル

カルトチェートのDOPオリーブオイル

ぺーザロ・ウルビーノ県、メタウロ渓谷に位置するCartoceto カルトチェートは、かつてファーノを守る要塞の町でした。古代ローマ時代から人々が住んでいたという長い歴史を持つこの小さな町で、イタリアでも最高のDOPオリーブオイルのひとつが作られています。
さかのぼること教皇領の時代から、カルトチェートはオリーブオイルの産地として知られていましたが、当時、一家の富と権力は所有するオリーブの木の数によって判断されていたそうです。そして地域の搾油工場は村の社交生活の中心だったとか。

カルトチェートは今もなおオリーブオイルの町として君臨しており、近年は生産の拡大傾向に。現在、75,000リットルのオイルを作り出す38,000本以上の木が栽培されています。
カルトチェートのオリーブオイルは、単品種のオリーブから作られる珍しいオイル。オリーブオイルの特徴や味がしっかりと確立された後、他のオリーブとブレンドされます。

毎年11月のオリーブのシーズンには、Mostra Mercato dell'Olio DOP オリーブオイルの展示会が開催されます。世界中のバイヤーも多数、訪れるこのイベントは今年で数えること31回目。生産者の顔を見ながら、おいしいカルトチェートのテイスティングなどが楽しめます。

cartoceto.jpg



イタリアのオリーブオイルと言えばたいていの人がトスカーナ産やリグーリア産を思い浮かべます。残念ながらマルケ州が、イタリアでも最高品質のオリーブオイルのいくつかを生産していることはあまり知られていません。
例えば、スローフード協会発行“GUIDA AGLI EXTRAVERGINI”(エキストラヴァージンオリーブオイルのガイドブック) 2006年版では、イタリア全土のうち34のオリーブオイルが最高ランクであるTre Olive(3つのオリーブ)を獲得しましたが、その中でも4つのオリーブオイルはマルケ州産です。
現在、マルケ州政府はマルケ州産のすべてのエキストラヴァージンオリーブオイルについてDOP申請を行ないました。マルケ州産オリーブオイルのラベルに、DOPの文字が記載される日もそんなに遠くないかもしれません。

そんなマルケ州のオリーブオイルを応援するために、“オリーブの木・オーナー募集”という企画があります。自分でオーナーになるもいいですが、結婚記念日など、大切な人への贈物にオリーブの木はいかがですか。とっても喜ばれ(驚かれ)ますよ!クリスマスのギフトにもおすすめです。詳しくは【オリーヴォミオ】のサイトをご覧ください。



マルケ州については【マルケ州政府観光局日本語公式サイト】をご覧ください。


マルケ州のクリスマス体験してみる?この季節にだけ味わうことのできる郷土料理をお見逃しなく!マルケ州の旅は【ディスカバリー・マルケ】へご相談ください。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。