イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアのサンタクロースはおばあさん?

子供たちの人気者、空飛ぶベファーナ

日本のお正月気分が一段落着いた頃、イタリアではようやくクリスマスのシーズンが終わります。新年が明けても1月6日まではクリスマスツリーも飾られたまま。この日はEpifaniaエピファニア(キリストが公に救世主として認められたことを祝う公現祭)
で、東方三博士が星に導かれてキリストを拝みにやって来た日。これを持ってキリストの生誕を祝うクリスマスが完了します。

さて、エピファニアはイタリアの子供たちにとっても特別な日。この日の朝、子供たちはBefanaべファーナのプレゼントに胸を躍らせながら目を覚まします。エピファニアに由来するべファーナとは、魔法のほうきにまたがって飛び、子供たちにプレゼントを届けるおばあさん。
暖炉に吊り下げられた靴下の中に贈物を入れるところはまさにサンタクロースのようですが、容姿はいたってみすぼらしく醜い老婆です。それでも子供はベファーナが大好き。べファーナは良い子にはお菓子を、悪い子には炭を与えます。「良い子にしていないとベファーナから炭をもらうよ」、ベファーナの日が近づくとこれが口ぐせになる親御さんも。

そんなベファーナを歓待するための恒例イベントでにぎわうウルバーニア。1月2日~6日まで、イタリアで最も盛大に行なわれます。町で一番高い塔からアクロバットパフォーマンスで降りてくるベファーナ、広場や街角、劇場で繰り広げられるミュージックショーの数々、子供たちにはたくさんのお菓子が配られます。街中にあふれるベファーナの仮装にも注目。孫の子守で忙しいおばあさんたちもこの日は主役です。


↑イベントのロゴマーク

ベファーナの日を最後にイタリアでは復活祭(2008年は3月23日)まで祝日がありません。Befana porta via tutte le feste...ベファーナは祭日をみんな持っていってしまう...と成句をはくのは大人ばかり。子供たちはキャンディーの山にご満悦ですよ。



マルケ州については【マルケ州政府観光局日本語公式サイト】をご覧ください。


マルケ州の旅は【ディスカバリー・マルケ】へおまかせ。


マルケ州発!オリーブの木のオーナー募集中?詳しくは【オリーヴォミオ】へ!


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。