イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルケ州上半期最大のカルチャー・イベント

国際ゴシックの画家ジェンティーレ、帰郷

偉大な15世紀の画家、国際ゴシック様式の主導的な提唱者であったGentile da Fabrianoジェンティーレ・ダ・ファブリアーノの展覧会が、出生地ファブリアーノにおいて2006年4月21日~2006年7月23日まで開催されます。

ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ(1370-1427)は、イタリアの国際ゴシック様式における最大の巨匠とされており、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマなど、イタリアでも最も重要な芸術の街で活躍。後世に活躍した著名な画家たちを弟子にもち、彼らに多大な影響を与えました。

ゴールドや多彩な色使いによる画風、さらにイタリア絵画の伝統と、写実表現を特色とするフランドルなど北方絵画の影響を受けた作品を残しました。代表作は『東方三賢王の礼拝(1423年)』(ウフィツィ美術館、フィレンツェ)。登場人物の衣服や馬の手綱など装飾のいたるところに金色が使われており、色鮮やかな色彩とともに豪華で華麗な印象を与える作品。細部も非常に綿密に描かれた大作です。

01.jpg

↑『東方三賢王の礼拝』(一部)

ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノの現存する作品は20点ほどしかなく、又、マルケ州においては一点も残っていません。マルケ州にとっては待ちに待った待望の展覧会です。


02.jpg


展覧会名:
Gentile da Fabriano e l'altro Rinascimento.
La pittura del Quattrocento a Fabriano

会場:
Spedale di Santa Maria del Buon Gesù
Piazza Giovanni Paolo II, Fabriano
ファブリアーノ

期間:
2006年4月21日~2006年7月23日

スケジュール:
<火曜日~木曜日>9時半~19時半
<金曜日~日曜日>9時半~22時

入場料:
一般 9ユーロ
※ワードローブとオーディオガイド含む。
※この入場料には、展覧会場近郊の「フラサッシ鍾乳洞」と「紙とフィリグラーナの博物館」への入場割引特典がついています。

お問合せ先:
Spedale di Santa Maria del Buon Gesù
Piazza Giovanni Paolo II, Fabriano
Tel. 199.199.111(イタリア国内のみ)
servizi@civita.it
※イタリア語、又は、英語でお願いします。

関連サイト:
Gentile da Fabriano e l'altro Rinascimento(イタリア語・英語)
マルケ州のルネッサンスもご参照ください(日本語)。



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://italymarche.blog15.fc2.com/tb.php/29-bbef580a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。