イタリア マルケ州 News Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア・グルメなイベント

イタリアのミックス・フライ大集合

4月25日のイタリア解放記念日を含んだ4連休、4月最終週末から5月1日のメーデーまでの3連休。イタリアはパスクワ以降、連休続きの年回りでした。旅行シーズンの始まりでもあるこの時期は、マルケ州でも各地で様々なイベントが開催されています。郊外をドライブしているとSagraサグラという“食のイベント”に出会うことが多いはず。地元産の素材を使った郷土料理が気軽に楽しめます。

アスコリ・ピチェーノで開催されたFritto misto all’Italianaイタリア風ミックス・フライのイベントでは、マルケ州の名物料理“大粒オリーブのフライ”「アッラスコラーナ」をはじめ、アブルッツォ州、カンパーニャ州、エミーリア・ロマーニャ州、ピエモンテ州、シチリア州、トスカーナ州、さらに日本からも天ぷらが登場して、各地自慢のフライがふるまわれました。

frittomisto.gif
↑楽しいイベント告知

南北に長いイタリアは、それぞれの気候や自然条件、歴史などの影響を受けたあらゆる種類の郷土料理があります。“イタリア料理”とは、ひとつではくくりきれない料理とわかっていても、こんなにたくさんのフライ料理があることにびっくり。各地が見事に郷土色を打ち出していました。さて、イタリアのフライ料理いくつ知っていますか?

イベントで紹介された各地域のフライ料理

マルケ州:
アスコリ風ミックス・フライ(アッラスコラーナ、カスタードクリーム、カルチョフィ、ズッキーニ)
漁師風ミックス・フライ(タラ、ヒメジ、小エビなど)

アブルッツォ州:
チーズフライ(ペコリーノチーズ、雌牛のミルクチーズ)

カンパーニャ州:
パスタクレシュータ、ライスボール、マカロニのティンバッレット、ポテトコロッケ

エミーリア・ロマーナ州:
エミーリア地方のハムまたはソーセージ入りタルトフライ

ピエモンテ州:
ピエモンテ風ミックス・フライ(仔牛肉、仔牛のすい臓・胸腺肉・背中の肉・脳みそ、豚肉とソーセージの串刺し、セージ、ズッキーニの花、リンゴ、アマレッティ、セモリーナのドルチェ)

シチリア州:
アランチーネ(トマトリゾットのライスボール)、パンネッレ(ヒヨコマメの粉とハーブのフライ料理)、シチリアーネ(カルツォーネの粉、バター、白ワイン、アンチョビ、黒胡椒、tumaチーズのフライ料理)、サルデ・ア・コトレッタ(酢漬けにしたイワシとハーブのフライ料理)、クッドルーレッダ・ディ・デリア(セモリーナ、シナモン、赤ワイン、卵とバターのフライ料理)、カンノーリ・シチリアーニ

トスカーナ州:
トスカーナ地方のミックスフライ(ウサギ、ズッキーネ、カルチョフィ、タマネギ)

日本:
天ぷら(エビ、ピーマン、ズッキーネ、カボチャ、ナス、タマネギ)

イタリア:
カッサテーレのリコッタチーズ、リンゴ、ハチミツのフリッテッラなど

DSCN0662+.jpg
↑アスコリ・ピチェーノの郷土料理アッラスコラーナ


マルケ州政府観光局日本語公式サイトへ


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://italymarche.blog15.fc2.com/tb.php/31-cd08249d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イタリア産の赤ワインです タウラジ [2000] アントニオ・カッジャーノタウラジというワインは、古くは、バローロ、バルバレスコと肩を並べるイタリアを代表するワインとして、有名だったのですが、今となっては遠い話になってしまいました。しかし、ここ最近、急に見直さ

  • 2007/07/22(日) 16:06:54 |
  • カンパーニャが最高によかった

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007/08/11(土) 04:15:27 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007/08/11(土) 06:39:48 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007/08/12(日) 13:07:06 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007/08/12(日) 16:30:15 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007/08/12(日) 19:30:48 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2007/08/15(水) 08:21:22 |

ランブルスコ・リニーテNVIGT/エミーリャ

ランブルスコの赤。届くのが楽しみです。安いのにこのおいしさは驚きます。あまり強くないワインが好きな人にお勧めです。すっきりしていますよ。アメリカで飲んで忘れられず、やっと日本でみつけて、20本買いました。・・さわやかな微発泡ワイン「ランブルスコ」赤&白・

  • 2007/09/08(土) 06:31:06 |
  • エミーリア・ロマーニャをあなたに捧げます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。